L’ATERILE de SHIORIは生徒の皆さんと一緒に作る実習中心のレッスンです
  • 季節のおうちごはん
  • 旅するおうちごはん
  • ビギナー
  • うち飲み
  • 和食
  • 薬膳
  • 一番おいしいおうちごはん
  • パン・お菓子
  • ヴィーガンイタリアン
  • クリエイティブ・キッチン

レギュラーコース

季節のおうちごはん(レッスン料、テキスト代、材料費、ドリンク代すべて込み)料金6,500~円/回 各クラス定員16名

メニュー <5月>

春にうれしいおもてなし和食/16名/9,000円

  • ●鯛めし
  • ●レンコンの挟み焼き
  • ●クレソンのサラダ
  • ●あさりと菜の花の茶碗蒸し
  • ●季節の小鉢

作り方はとてもシンプルなのに、喜ばれること間違いなしの絶品鯛めし。おもてなしはもちろん、普段のごはんにも使えるよう切り身でも手軽に美味しく作れる鯛めしをご紹介します。1杯目はそのまま、2杯目はだし茶漬けにしてどうぞ。ひと手間かけ、ぷりぷりの海老の食感が楽しいレンコンの挟み揚げをはじめとした献立と合わせてご紹介します。


 
旬の食材を使い、定番家庭料理をはじめ、季節のイベントに役立つメニューを取り入れたレッスン。デイリーごはんから時にはお弁当やおもてなしまで幅広くバラエティーに富んだレッスンです。もちろんビギナーさんも大歓迎です。
※写真はイメージです
スケジュールを見る

旅するおうちごはん(レッスン料、テキスト代、材料費、ドリンク代すべて込み)料金7,500円~/回(素材によって変動します) 各クラス定員16名

メニュー <5・6月>

5、6月のレッスンはお休みです

 
SHIORIが海外を旅して習得した家庭料理を日本の家庭でも作りやすいレシピにアレンジしてご紹介します。おもてなしやハレの日の食卓にピッタリ!現在はフランス、イタリア、タイ、ポルトガル、バルセロナ…。今後も旅を通して様々な国の家庭料理を学び、取り入れていく予定です。
※写真はイメージです
スケジュールを見る

ビギナーレッスン(講師:村山瑛子)(レッスン料、テキスト代、材料費、ドリンク代すべて込み)料金:6,000円~/回(※) 各クラス店員16名

※写真はイメージです
ひとり暮らしのミニキッチンでも、無理なく作れる、そんなビギナーさん向けのレッスンを村山瑛子が担当します。身近な食材で、簡単だけど、おしゃれに見栄えよくをモットーに、これから料理をはじめたい初心者さん、大歓迎!
実習メインですぐに役立つレッスンです。
メニュー <5月>

焼き鳥やさんの親子丼定食/16名/7,000円

  • ●とろとろ親子丼
  • ●基本のお味噌汁
  • ●即席漬け
  • ●定番小鉢 2種

この春から料理をはじめたい方へ向け、おいしいごはんの炊き方、だしの取り方など今さら聞けない!と思われがちな料理の基本をみんなが大好きな定番家庭料理を作る過程で一から丁寧にご紹介します。単発クラスで少しずつステップアップをしましょう。

 
スケジュールを見る

山村瑛子のうち飲みごはん

※写真はイメージです
お酒とおつまみをこよなく愛する村山が和から洋、エスニックまでその時々の気分に合わせてジャンルレスでご紹介します。デイリーのおかずにも使えるメニューはすぐに試したくなる、すぐに呑みたくなるものばかり。当日はキャッシュオンで料理に合うお酒もご用意いたします。
メニュー <5・6月>

5、6月のレッスンはお休みです

 
スケジュールを見る
写真
村山瑛子

女子栄養大学食文化栄養学科卒。卒業後からSHIORIのアシスタントを務め、この春からアトリエのスタッフとして働く。その傍らで雑誌のレシピ提供、スタイリング、料理番組、映画の製作にかかわる。著書に「手抜きでサクッと♥イイ女ごはん」がある。

旬を愉しむ季節の和食レッスン(講師:吉田愛) 料金:9,000円~/回(※) 各クラス店員16名

※写真はイメージです
※写真はイメージです
お店の味をお家でも。 出汁の引き方、食材の切り方といった和食の基本に加え、プロが用いる調理のコツや、美しい盛りつけ方まで、ワンランク上の家庭料理を丁寧にご紹介します。
家ごはんのレパートリーを増やしたいという方にもお勧めです。
メニュー <5月・6月>

初夏の献立 /16名/9,000円

  • ●いかめし
  • ●冷やしトマトのおでん風
  • ●山形のだし掛け奴
  • ●鯵のなめろう
  • ●肉巻きアスパラガスの天婦羅

小ぶりで身の柔らかい美味しい初夏のイカで、北海道の郷土料理“いかめし”を作ります。また、ごはん、豆腐、そうめんなどにかけて美味しい万能な“山形のだし”もご紹介。天婦羅を上手に揚げるコツもマスターできるレッスンです。

 
<7月>

夏の献立 /16名/9,000円

  • ●鶏南蛮のつけ冷や麦
  • ●豚肉と苦瓜の冷やしごましゃぶ
  • ●茄子の田舎煮
  • ●タコと夏野菜のジンジャーサラダ
  • ●桃のチーズ白和え
  • ●フルーツあんみつ

夏にマンネリしがちな冷や麦。今回は鶏とネギの旨みがたっぷり利いた、温かい鶏南蛮でいただく美味しい食べ方をご紹介します。
そしてパサつきの無いしっとり豚しゃぶ、冷やしても美味しい田舎煮や、火を使わない副菜など、すぐに取り入れたくなる手軽な夏に嬉しいメニューを盛り込みました。

 
写真
吉田愛

大学を卒業後、SHIORIのアシスタントを務めながら東京の日本料理店にて和食を学ぶ。
その後、より本格的に和食を学ぶ為に京都にて修行。
利き酒師の資格を持ち、現在は東京青山の日本料理店で調理と日本酒の選定を担当。

スケジュールを見る

今日からできるおうち薬膳 講師:斎藤菜々子 料金: 7000円

スーパーで買える食材のみを使い、習ったその日から普段の食事で実践しやすい薬膳をご紹介します。座学による「薬膳とは?」に始まり、季節の特徴や食事ケアの仕方、中国の伝統医学をどう現代日本の私たちの生活に落とし込むかなど、わかりやすくお伝えしていきます。
メニュー
※写真はイメージです
<5月>

梅雨の薬膳・湿気に負けないエスニック/16名/8,000円

  • ●チキンと豆のココナツカレー
  • ●冬瓜とはとむぎのスープ
  • ●冬瓜皮のエスニックピクルス
  • ●湿とり春雨サラダ
  • ●なすとセロリの香味炒め

雨が続き、蒸し暑くなり、なんだかやる気がおきない。食欲がわかない。おもだるい。梅雨はじめっとした湿気のせいで憂鬱になりがちです。そんな湿気も、食材を選んで体から巡らせていけば大丈夫。どんよりしがちな季節を、夏に向けて活躍間違いなしのエスニックカレーで軽やかに過ごしましょう。普段からむくみや疲労感に悩む方にもおすすめです。

 
※写真はイメージです
<6月>

梅雨の薬膳・湿気に負けない定食薬膳/16名/8,000円

  • ●鶏と茄子のみぞれ餡
  • ●はと麦ごはん
  • ●湿とりポテトサラダ
  • ●緑豆入り和風コールスロー
  • ●オクラのピリ辛ごま和え
  • ●あおさと麩の味噌汁

昨年ご好評いただいたメニューが再登場です。梅雨を爽やかに乗り切る献立を定食でご紹介します。メインの鶏と茄子のみぞれ餡は油控えめなのに満足感がありごはんがすすむ一品。大根は中医学では胃薬として重宝される食材です。おろしでこれからの季節もさっぱり食べやすく、消化器官が弱い方、食欲がわかない方、疲れやすい方にもおすすめです。他副菜も湿気を体から逃がし、梅雨のケアをしながらも家庭で作りやすいおかずをご紹介します。
※昨年レッスンのアンコール編となります
※座学の内容は5月の梅雨の薬膳と重複します

 
※写真はイメージです
<7月>

夏の薬膳/16名/8,000円

  • ●ペスカトーレ (魚介のトマトソースパスタ)
  • ●シーザーサラダ ポーチドエッグのせ
  • ●胡瓜とキウイの冷製スープ
  • ●アスパラとオリーブのレモンマリネ
  • ●ズッキーニと生ハムのブルスケッタ

夏は暑さが本格化する季節。汗とともにたくさんの体液を消耗すると、身体はどんどんぐったり、夏バテに向かってしまいます。身体にこもった熱を冷ましながら、元気に夏を過ごすためのメニューをご紹介します。ペスカトーレは魚介の旨味がたっぷり入った贅沢なトマトソース。シーザーサラダはポーチドエッグをのせて、満足感のあるサラダです。きゅうりとキウイの冷製スープは風味も爽やかなデザートスープ。他副菜も簡単に作れて、夏の身体をいたわるメニューをご紹介します。夏バテしやすい方、不眠や動悸にお悩みの方にもおすすめです。

 
写真
斎藤菜々子

アトリエオープンよりSHIORIのアシスタントを務める。その傍ら国立北京中医薬大学日本校にて中医学を学び、国際中医薬膳師の資格を取得。「今日からできるおうち薬膳」をモットーにおいしく、作りやすい薬膳を提案している。

スケジュールを見る

SHIORIの一番おいしいおうちごはん(各クラス定員16名)

4年間で沢山の方に受講頂いたコースレッスンを、この度皆様のご要望にお応えし《単発レッスン》として受講いただけます。1年を通して《初級・中級・上級・アドバンス》と少しずつステップアップしながら本当に役立つ家庭料理をマスターしていくクラスです。過去4年間の人気メニューを揃えましたので、まだ受けられていないレッスンなどもこの機会にぜひ。

料理が上手になる1番の秘訣は『わたしにもおいしく作れた!』という成功体験を積むこと。料理をもっと楽しく、もっと好きに繋げてくれます。自分が作った料理で大切な人が喜んでくれたらなおさらです。 毎日食べる定番の家庭料理こそおいしく作れたら日々の暮らしが豊かになります。

  • この春から料理を学びたい方
  • 同じ趣味とお友達を作りたい方
  • 定番家庭料理をもっとおいしく作りたい方
  • 自分の料理に自信を持ちたい方
  • 大切な人を喜ばせたい方
やっぱりおうちごはんが一番おいしいね

食べたみんなが笑顔になる、わたしのとっておきが詰まった家庭料理を丁寧にご紹介します。

メニュー
初級レッスン
各回/7,500円

包丁の持ち方&切り方、だしの取り方、ごはんの炊き方、献立の立て方など、人気の定番メニューをもとに基本を抑えると同時に料理を楽しむための心得もお伝えします。これから料理をはじめたい方におすすめです。

中級レッスン
各回/8,000円

8月は覚えておきたい魚のさばき方は鯵を使っておひとり2尾ずつ3枚おろしを実習。さばきたてをふわふわ感動の鯵フライにします。9月の中華メニューはスタッフ人気不動のNo.1です。

上級レッスン
各回/9,000円

新米の出回る10月はごはんが進む魚の煮付け、旬の栗ごはんに格別な美味しさの手作りがんもどき。11月は覚えておきたいとっておきのハレの日の和食。
12月はクリスマスに役立つ国産和牛を贅沢に使ったお肉がほぐれる特製ビーフシチューをブラウンソースから作ります。

アドバンスレッスン
各回 /9,500円

こんなメニューがおうちで食べられるの?!
一年の集大成とも言える、ワンランク上のまさにとっておきのメニューを3ヶ月連続学びます。デイリーな家庭料理から、じっくり手間暇を惜しまず作る料理をマスターすれば大きな自信に繋がります。

※仕入れ状況等によりメニューの内容が変更になる場合がございます
スケジュールを見る

ペアレッスン(レッスン料、テキスト代、材料費、ドリンク代すべて込み)料金12,000円/2人1組1回(素材によって変動します) 各クラス定員8組

とある日のデートのひとコマとして一緒に料理を楽しむレッスン。彼氏・彼女を誘って、特別なひとときを過ごすのはいかがですか?
メニュー <5月>

5月のレッスンはお休みです

 
スケジュールを見る
今後も様々なイベントやレッスンを追加していきますのでどうぞお楽しみに。
一番上へ

その他のコース

パンクラス(講師:ムラヨシマサユキ)料金8,000円/回 各クラス定員16名

芸術的なカタチのパンを作るなら修行が必要ですが、毎日食べるパンを手作りすることはぜんぜん難しいことではありません。ただ、ちょっとの時間と、パンをふくらませる発酵ということをしらないといけません。
この教室では、初心者の方でも家庭で気軽につくれるようなレシピを中心に、たまに、がんばっちゃうレシピなどにも挑戦していきます。
メニュー
<6月>
『花巻と豚肉の豆チ烏龍茶蒸し』のレッスン/12名/8,000円



パンと言えば最後はオーブンで焼くというイメージが強いと思うので肉まんなど、蒸し器でシューシューと蒸し上げる饅頭が、パンの仲間とは気付かれにくいかもしれません。今回はその饅頭の中から「花巻」を。合わせた料理は「豚肉の豆チ烏龍茶蒸し」です。烏龍茶⁈と思うかもしれませんが、お茶も一つの食材として使っていきます。生地づくりデモンストレーションをご覧いただき、お一人二つの花巻を成形実習していただきます。そのあとはグループに分かれてお料理の実習をしていただきます。

<7月>
『チャパティとスパイシーなお惣菜』のレッスン/16名/7,500円



7月は気温の上昇とともに食欲も落ち、パン作りの気分も落ちてしまう頃ですね。そんな時は、無理に工程の多いパン作りより、さっと混ぜて、フライパンと直火で焼けてしまうようなパン作りを。発酵の工程もほとんどナシなので、パン作りしたことない方でも気軽に楽しでいただけると思います。今回はご自身で生地をこね、成形した生地を焼いてご試食いただきます。もちろんお惣菜もスパイシーなメニューですよ。
※生地のお持ち帰りはありません。
※実習はグループでの実習になります。

スケジュールを見る

お菓子クラス(講師:ムラヨシマサユキ)料金8,000円/回 各クラス定員10名

フランス菓子の基本をベースに、家庭でもつくりやすいスタンダードなお菓子をレッスンしていきます。クッキー、パウンドケーキ、ババロア、ゼリー、スポンジケーキ、シュー、パイ、コンフィチュールなどなど。これを知っていたら、一年中の菓子作りがたのしくなると思うものをお伝えしていきます。よく見知ったお菓子でも、お店なみに美味しくつくるコツをしっていれば、プレゼントにも喜ばれるし、何よりいちばん自分がうれしいです。
メニュー
<5月>
5月のレッスンはお休みです
<6月>
6月のレッスンはお休みです
スケジュールを見る
写真
ムラヨシマサユキ

製菓学校を卒業後、ケーキ店、カフェ、レストランで勤務後、パンとお菓子の教室「ダイドコ」を始める。
「家で作るからおいしい」をコンセプトに、繰り返しつくれるシンプルなレシピを提案している。
著書『シンプルでおいしい おうちパン』河出書房新社刊

藤田承紀のヴィーガン イタリアン(講師:藤田承紀)(レッスン料、テキスト代、材料費、ドリンク代すべて込み)料金:8,500円~/回(※) 各クラス店員16名

全ての料理に肉、魚、卵、乳製品、ゼラチン、ハチミツ等、動物性食材を使用せずに作るイタリアンをベースにした「ビーガン」対応のクラスです。旬の野菜と果物をふんだんに使用し、昆布や干し椎茸等の乾物で旨味を、味噌や甘酒等の発酵調味料でコクを出す為、野菜だけでも満足度の高いメニューを学べます。また、使用する調味料は基本的に、無添加で伝統的な製造法で作られているものを使用し、可能な限り、無化学肥料無農薬で栽培された食材を使います。
メニュー
※写真はイメージです
※写真はイメージです
<5月>

ピッツァパーティ/16名/8,500円
生地から作るピッツァの味は格別!!大きく四角く伸ばし、2種ずつトッピングするパーティースタイルのピッツァを作ります。

  • ●マリナーラ
  • 「船乗りの」という意味のピッツァ!トマトソース、オレガノ、にんにく、オリーブオイルのシンプルなトッピング!

  • ●じゃがいもとジェノベーゼ
  • 年を越えて最高に糖化したじゃがいもを薄切りし、大葉とナッツのペーストで作るジェノベーゼと合わせます。ほくほくではなく、さくさくのじゃがいもは、新食感!

  • ●苺とカスタードクリーム
  • 誰もが幸せになる王道の組み合わせ!カスタードクリームは乳製品や卵を使わないので、冷凍してもぼそぼそにならず保存にも便利です。

  • ●ヌテッラとクリームチーズ
  • 多くのイタリア人が愛する、チョコとヘーゼルナッツのスプレッド「ヌテッラ」!ベジで作るクリームチーズとの相性抜群です。

  • ●グリーンリーフのカクテルドレッシング
  • 皆大好きカクテルドレッシング!通常は小エビに合わせる事が多い、トマトベースのアノ、ドレッシング!とっても簡単に作れます。

  • ●アスパラガスと湯葉のスープ
  • 春の楽しみであるアスパラガスたっぷりのスープに、優しい甘味のとろとろ湯葉を入れて作る、野菜の旨味爆発のスープです。

 
※写真はイメージです
<6月>

ヴィーガンスパイスカレー/16名/8,500円
和食材とカレー粉で手軽に作れる和風カレーと、スパイスから炒める本格派カレーの2種をご紹介します。簡単インドパン、スイカのデザート、爽やかドリンクもご一緒に!

  • ●夏野菜の甘口和風カレー
  • たっぷり野菜に醤油と甘酒を使いコクと旨味が濃厚なやや甘口のカレーです。トッピングには焼き厚揚げを添え、老若男女に愛される味わいです。

  • ●マスタードフィッシュカレー
  • 粒マスタードを「そんなに!?」という程たっぷり使う本格派フィッシュカレー!本来は白身魚で作るスパイシーなカレーですが、このクラスでは野菜のみでお作りします!

  • ●「ライタ」
  • 生野菜と豆乳ヨーグルトで作るサラダです!スパイスもたっぷり加えるライタは、カレーの合間に食べると口の中がさっぱりします。

  • ●アールプランタ
  • 小麦粉と水で作る生地でふかしたじゃがいもを包み、それを伸ばしてフライパンで焼く、発酵させない簡単薄焼きパンです。

  • ●スイカのゼリーとスイカのグラニテ
  • フレッシュのスイカで作るぷるぷるのゼリーとグラニテ(シャーベット)!です。フレッシュのスイカとココナッツミルクも加えてスイカパフェにしても◎

  • ●ペッパーレモネード
  • 少しだけ岩塩と黒こしょうを加える、梅雨にぴったりの爽やかスパイシーなレモネード。

 
写真
藤田承紀

イタリアでの料理修業後、帰国。料理教室を主宰する傍ら、自然栽培、有機栽培で年間130種を越える野菜作りを実践中。雑誌掲載やテレビ出演等、メディアで活動しながら、「食卓に笑顔を」をモットーに、家庭でも簡単にできる野菜たっぷりの菜園イタリアンを提案。書籍には「野菜のチップス 果実のチップス」(文化出版局)、「野菜のスープ」(主婦と生活社)がある。

スケジュールを見る
今後も様々なイベントやレッスンを追加していきますのでどうぞお楽しみに。
一番上へ

クリエイティブキッチン

様々なジャンルで活躍しているゲストをお招きしてのコラボワークショップ。
ゲストによるワークショップにSHIORIレシピの軽食が付きます。

レシピ27

レシピ27

2月17日(土)
10時半〜13時
定員:16名 / 8,500円
(レッスン料、材料費、食事、ドリンク代すべて込み)
言わずも知れたイタリアンの巨匠、東京・銀座ラ・ベットラ・ダ・オチアイのオーナーシェフ、落合務さんをゲストに招き、家庭で作れるワンランク上のパスタのコツを学びましょう!覚えておきたいトマト系、クリーム系の2種を習得すれば、合わせる具材を変えてアレンジの幅も広がります。前菜、デザートまで大人気店ラ・ベットラの味を習えるまたとないこの機会を、お見逃しなく。


きじま りゅうた ryutakijima
  • ●バーニャカウダ
  • ●ボスカイオーラ(トマトベースでツナ、ケッパー、黒緑オリーブ入りスパゲティ)
  • ●牡蠣とほうれん草のクリームベース スパゲティ
  • ●マスカルポーネのムース
※メニューは予告なく変更する場合がございます。
あらかじめご了承ください
きじま りゅうた ryutakijima
1947年生まれ東京都出身。17歳の時にフランス料理を志しホテルニューオータニへ入社。その後フランス旅行の帰路イタリアで料理に魅せられ転身。約3年間イタリアで料理修業後、1982年 東京・赤坂『グラナータ』料理長に就任。
1997年独立。『LA BETTOLA da Ochiai』を開店。現在銀座、池袋、名古屋、富山に5店舗経営。
2005年 伊大統領より『イタリア連帯の星』勲章、カヴァリエーレ章を受章。
2009年 日本イタリア料理協会 会長に就任。
2013年 厚生労働大臣より『現代の名工』を受賞。
2015年 「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピにおいて第2回料理レシピ本大賞 料理部門に入賞

レシピ26

レシピ26

1月21日(土)
①11時~14時
②17時〜20時
定員:16名 / 10,000円
(レッスン料、材料費、食事、ドリンク代すべて込み)
SHIORIのイタリア料理の師であるジャンルーカシェフの夏と冬の来日に合わせた、コラボレッスンも5回目を迎えます。今回も日本でも手に入る素材を使い、イタリアらしい調理法の料理をご紹介します。
毎回参加者のみなさんと作る大盛り上がりの手打ちパスタはタッコーニというひし形のパスタを作りますよ。きっとこんなに適当な形に切るパスタはみなさんはじめてではないでしょうか♩
日本語が堪能なジャンルーカシェフを囲んでイタリアンな時間を過ごしましょう。ご試食はコース形式で、最後はSHIORIレシピのドルチェをお楽しみ下さい。
メニュー
Antipast
ポロねぎ、ジャガイモ、大麦のスープ
Primo Piatto
キノコとソーセージのソース 手打ちタッコーニ
Secondo Piatto
ルッカ風豚カツレツの煮込み ほうれん草のソテー添え
Dolce
当日のお楽しみ

※ご試食の際、スプマンテを1杯サービス。

ジャンルーカ・パルディーニ
13歳から夏休みにルッカのリストランテで働き始める。
21歳でフランスのオルレアン初のイタリアレストランのシェフを務める。
その後パリでフランス料理を学んでいるとき、麻布十番にある日進ハムに招聘され来日する。3年半にわたりハム、サルミ、ソーセージ、テリーヌなどの技術指導に当たる。イタリアに戻り、妻と共同で故郷ルッカにリストランテをオープンし、1997年からシエナ料理学院で主任を務め、2004年からルッカ料理学院(http://www.lucca-italia.jp/)の校長に就任。
イタリア司厨士協会認定マエストロ・ディ・クチーナ(トスカーナ州では3人のみ)

レシピ25

レシピ25

12月18日(日)
18時半〜21時半
定員:20名 / 7,500円
(レッスン料、材料費、食事、ドリンク代すべて込み)
早いものでもう年末。大掃除の片手間にきじま家でよく作るという【絶品煮豚】を習います。他にも漬け込んで焼くだけのスペアリブ、わたしはもつ煮込みなどを作ります。この日は年末に役立つメニューのデモンストレーションをそこそこにアトリエ忘年会もかねて、日曜の夜にたっぷり食べて飲んで、楽しい時間をお過ごしください。立食形式でつまめる野菜やその他の気まぐれおつまみ、お酒やノンアルコールもご用意します。持ち込みドリンクも可。


きじま りゅうた ryutakijima
1981年 東京生まれ。祖母は料理研究家の村上昭子、母は同じく料理研究家の杵島直美という家庭に育ち、幼い頃から料理に自然と親しむようになる。大学卒業後アパレルメーカー勤務を経て料理研究家の道を目指す。杵島直美のアシスタントをつとめたのち独立。男性のリアルな視点から考えた「若い世代にもムリのない料理」の作り方を提案している。現在はテレビや雑誌、イベント出演を中心に活動。自身で主催する料理教室も開催中。動画配信サイト「ニコニコ生放送」やyoutubeなどで「きじまりゅうたの休日もだいどころ」を自主制作で放送中。「今日も、カレー味 誠文堂新光社」など著書多数。
ダイドコログ(DAIDOKOLOG)→http://www.daidokolog.com/
今後も様々なイベントやレッスンを追加していきますのでどうぞお楽しみに。
一番上へ